PAGETOP

サイズとレイアウトで選ぶ 手帳の選び方

サイズとレイアウトで選ぶ 手帳の選び方

手帳選びのポイントは記入量と持ち歩く頻度。使用目的に合った記入量を選んだら、あとはどれだけ携帯するか。使うシーンやバッグの大きさなどを想像して、自分に合った手帳をお選びください。

サイズで選ぶ

  • コンパクト
  • 縦長
  • 中型
  • 大型

レイアウトで選ぶ

  • マンスリー
  • ウィークリー
  • デイリー
サイズ選びのPOINT!

Size サイズで選ぶ

コンパクトタイプ

手のひらサイズでポケットにも収まり、携帯性が抜群。
一方で記入スペースが少ないので書き方に工夫が必要。

ほぼスマホサイズ
  • コンパクト

    コンパクト

    153×90mm

  • 小型

    小型

    144×95mm

  • 最小

    最小

    130×85mm

公式オンラインショップ

縦長タイプ

収納性と携帯性のバランスが良く、スーツやシャツの
胸ポケット、お尻ポケットにも入ります。

ほぼ新書本サイズ
  • 新書

    新書

    175×103mm

  • スリム

    スリム

    175×85mm

  • 縦長

    縦長

    165×90mm

公式オンラインショップ

中型タイプ

別名バッグインサイズ。記入量と携帯性の
バランスに優れます。タブレットや文庫本とほぼ同じサイズ
なので、大きさに対する違和感もありません。

ほぼタブレットサイズ
  • B6

    B6

    188×133mm

  • A6

    A6

    155×110mm

公式オンラインショップ

大型タイプ

別名デスクトップサイズ。記入スペースが大きいので、
日記や業務日誌、打合せの記録に使う人が
多いのが特徴です。

ほぼノートサイズ
  • B5

    B5

    265×188mm

  • A5

    A5

    216×154mm

  • A5 変型

    A5 変型

    219×123mm

公式オンラインショップ

こちらも合わせてチェック!

アイデアいろいろ おすすめ手帳活用術!

レイアウト選びのPOINT!

Layout レイアウトで選ぶ

マンスリータイプ

1ヶ月を見開きで俯瞰でき、
カレンダーと同じような感覚で見ることができます。
週ごとの予定を把握しやすいのが特徴です。

“月”で管理
  • 月間カレンダータイプ

    月間カレンダータイプ

    カレンダー感覚で管理できます。

    公式オンラインショップ

    記入例を見る

ウィークリータイプ

手帳のスタンダードながら、レイアウトの多彩さが
ウィークリーの特徴。月曜はじまりは平日が仕事の人、
日曜はじまりはカレンダーに慣れている人におすすめ。

“週”で管理
  • 週間レフトタイプ

    週間レフトタイプ

    予定管理とメモのバランスに優れます。

    公式オンラインショップ

    記入例を見る

  • 週間バーチカルタイプ

    週間バーチカルタイプ

    細かい時間管理に最適。

    公式オンラインショップ

    記入例を見る

  • 週間メモタイプ

    週間メモタイプ

    週間の中で1日の記入量が豊富です。

    公式オンラインショップ

    記入例を見る

  • 週間ゾーンタイプ

    週間ゾーンタイプ

    スケジュール&メモを日割りで管理。

    公式オンラインショップ

  • 週間方眼メモタイプ

    週間方眼メモタイプ

    自由にメモできる方眼タイプ。

    公式オンラインショップ

    記入例を見る

  • 週間ブロックタイプ

    週間ブロックタイプ

    毎日のタスク管理とメモが残せます。

    公式オンラインショップ

    記入例を見る

デイリータイプ

1日分のスペースが豊富。
スケジュールはもちろん日記やイラスト、
スクラップブックなど自分好みに使えます。

“日”で管理
  • 1頁1日タイプ

    1頁1日タイプ

    大スペースで使い方自由。

    公式オンラインショップ

  • 1頁2日タイプ

    1頁2日タイプ

    1日の記入欄が豊富です。

    公式オンラインショップ

  • 連用タイプ

    連用タイプ

    経年の比較や、長期の予定管理に。

    公式オンラインショップ

記入例を見る

POINT

まずは記入量を確認。たっぷり書く派か、要点だけ書く派か。次に、持ち運ぶ頻度を確認。自宅や会社など決まった場所で手帳を使うか、もしくは外出先でも使うか。使用シーンを想像しながら、理想の大きさと軽さを見つけてください。

POINT

レイアウト選びでは、1日の予定が多いかどうかを理解したうえで、スケジュール管理がメインか、メモスペースがどれくらい必要かを確認。わからない場合は、実際の1週間のスケジュールをいくつかのレイアウトでかき分けて試してみるのも近道です。

  • NEW TOPICS
  • アイデアいろいろ おすすめ手帳活用術
  • 時間(とき)ラボ