PAGETOP

USER VOICE04 タレント・元サッカー女子日本代表 丸山桂里奈さん

プロフィール

USER VOICE04 タレント・元サッカー女子日本代表 丸山桂里奈さん

プロフィール

丸山桂里奈

1983年生まれ。O型。元サッカー女子日本代表。ポジションはフォワード。2003年、2011年女子W杯、アテネ五輪、北京五輪、ロンドン五輪に出場。趣味は読書、ドライブ、特技はものまね(いっこく堂)。

NOLTY愛用歴 15年/NOLTY エクリ A5-3

ONLINE SHOP

代表の先輩が使ってたのが、カッコよくて

能率手帳との出会いは19歳の頃。はじめて代表に呼ばれた時に先輩の選手が持っていて、「カッコいい…」と憧れたのがきっかけです。オトナっぽく見えたんですよね。それまで日記はつけてましたが、遠征とかに出るようになって「スケジュールをつけといた方がいいよ」と言われて、その習慣が今まで続いています。よく覚えているのは、ワールドカップに優勝した2011年の手帳。手帳の表紙にある「'11」の文字が、背番号みたいで気に入ってました。アメリカ時代背番号「11」を付けていた縁もあって、思い入れのある数字です。
こう見えても私、筆マメなんですよ。メールより手紙派。書くことにたいして抵抗がありません。そんな私から見ても、この紙はすごい。すべりもいいし、めくりやすい。もちろんざらざらしてなくて、NOLTYの一番のお気に入りポイントですね。外に出ることが多いので、サイズも重要。大きすぎず、でも書けるスペースはたっぷりと。そのバランスで選んでます。

イヤなことも、手帳に書き出せば切り替えられる

レイアウトはバーチカルタイプ。私、忘れっぽいんで(笑)、時間刻みで細かく書けるのが気に入ってます。起床時間からご飯の時間、寝る時間まで細かく書きます。とにかくいろんなことを書いて残しておきたいタイプなので、ふつうに書くだけで、だいたいびっしり埋まります。月間の見開きスペースも含めプライベートも仕事のスケジュールも、ぜんぶ書いていますね。NOLTYは余計な飾りがなくて、シンプルなので自由に書き込めます。
ノートスペースには思ったことを書きます。その時の反省や、誰かに言われたこととか、いろいろ。そして寝る前には必ず手帳を開きます。仕事で落ち込んだ日の夜に、反省と改善の方法を書いておいて、それを朝見返せば一日を前向きに始められます。心にため込むんじゃなくて、書いて出すことで気分が切り替わるんですよね。

手帳に書いたこと、ほとんどかないました

現役時代も手帳を持ち歩いてました。あまりにいつも手帳を持ち歩いているので「手帳の人」って呼ばれてたくらいです。代表で誰かと二人部屋になった時も、見られないか心配で(笑)。手帳にはその時の気持ちや試合の反省のほかに、目標も書いていました。代表メンバー発表の日には「代表メンバーに選ばれる!」、ワールドカップ決勝当日には「ワールドカップ優勝!」。自分で書くと、それに向けてがんばれるんです。頭で思ったことって、時間がたつとブレてきます。そんな時、書いたものがあれば、その時の意思を確認できて、正しいところに戻ることができる。私にとって、手帳に目標を書くことは、夢を実現するためのルーティンであり縁起かつぎ。いつもそばに置いて、何度も何度も見返すことで、自分に暗示をかける感じです。実際に手帳に書いたことは、ほぼすべて実現してきたんですよ!

私が選んだNOLTYは…「NOLTY エクリ A5-3」

表紙のターコイズっぽい青色に
一目ぼれです!

ONLINE SHOP

ユーザーボイスTOPへ戻る

  • NEW TOPICS
  • QUALITY
  • SPECIAL
  • twitter
  • facebook